白いレース

特別な意味を持つ婚約指輪にはダイヤモンドをあしらったものが多く、一昔前までは『給料の何3月分』という表現がされてきました。
しかし最近ではダイヤモンドや価格にこだわらず、誕生石や自分たちの好み・予算などで選ぶカップルが増えています。
どのようなデザインであっても自分の愛する人から贈られたものであれば無条件で嬉しいものですが、購入する際には二人で一緒に買いに行き女性の意見を取り入れつつ選ぶほうが愛着がわく可能性が高くなります。

気持ちを表現する指輪
結婚に大きく関わる指輪ですが、結婚指輪には永遠の愛・誠実・貞節を約束し信頼と愛情を表しているといわれています。
婚約指輪にも意味があり、それぞれにこれから共に生きていく相手に対しての気持ちを表現しているものとなっています。
昨今では販売されているものではなく、自分たちだけのオリジナルな指輪をオーダーメイド若しくは自分たちで手作りするカップルも増えています。
一生に一度のことなので、後悔しないものを選んで常に身に付けたりそばに置いておきたいものです。

結婚指輪を見せる

結婚指輪とよく似ているものに婚約指輪がありますが、これは、将来の結婚を誓った証として婚約時に男性が女性にプレゼントするものです。
結婚指輪のようなペアリングではなく、女性のためだけに用意される指輪です。
シンプルなデザインの結婚指輪と比べると、婚約指輪の方が装飾が豪華になっています。
台座には宝石が施されており、価格もその分高くなっています。
使用される宝石は、ダイヤモンドが一般的ですが、その他の宝石でも構わないということになっています。

婚約指輪の意味 
結婚する際に欠かせないものの一つに結婚指輪があります。
結婚する前に婚約した時点で婚約指輪を贈る人ももちろんいます。
贈られる側である女性にとっては、とても嬉しいものです。
婚約指輪というと婚約している間しかつけてはいけないのかと思っている女性がいるようですが、そんなことはないのです。
結婚してからも結婚指輪と婚約指輪を重ねてつけている女性もたくさんいます。
婚約指輪には贈った相手を永遠に守ることを約束する意味があるといわれています。

指輪の交換

指輪とは、手の指につける装飾品のことです。
用いられる素材としては、金・銀・プラチナなどの貴金属が大半を占めています。
また、中央部に宝石などが配されているものもあります。
素材やデザインによって価格は異なります。
日常的にさりげなく使用することができるアクセサリーとして、女性だけでなく男性にも愛好されています。
指輪は、それをつける指によって意味合いが変わってくると言われており、特に結婚指輪などは左手の薬指につけるのが正しいとされています。

結婚指輪とは
結婚指輪とは、結婚式の際に晴れて夫婦となった新郎新婦がその愛を誓うために交換するペアリングのことです。
結婚生活において日常的に身に付けることになるので、デザインはシンプルなものとなっています。
実用性を考えて、表面に宝石などが施されることはほとんどありませんが、指に接する内側にお互いの名前やメッセージが刻印されることがあります。
結婚指輪を身に付けることで、既婚者ということを周囲に知らせる効果があります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930